天気予報


-天気予報コム- -FC2-

国、地域一覧

その他

旅行記っぽい話「世界遺産と私」

カテゴリー

本日の予言

予言者

牛山教授のアドバイス
鰐川先生のアドバイス

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

イーサン鷹

Author:イーサン鷹
FC2ブログへようこそ!

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス

フランス共和国
French Republic
人口:61,680,000人(2004年)
首都:パリ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/france/


  1. モン・サン・ミッシェルとその湾
    Mont-Saint-Michel and its Bay
    文化遺産
    登録:1979年
    登録基準:1,3,6
    http://whc.unesco.org/en/list/80
    モン・サン・ミシェルはフランス北西部ノルマンディーとブルターニュの間サンマロ湾の干潟の岩山に建てられたゴシック様式のベネディクト会修道院。大天使ミカエルを奉るために11世紀から16世紀にかけて建てられた。


  2. シャルトル大聖堂
    Chartres Cathedral
    文化遺産
    登録:1979年
    登録基準:1,2,4
    http://whc.unesco.org/en/list/81
    パリの南西90kmに位置するシャルトルに1194年の大火の後に再建されたゴシック様式の重要な大聖堂。中世の壮大な彫刻群とステンドグラスの融和が素晴らしい。


  3. ヴェルサイユ宮殿と庭園
    Palace and Park of Versailles
    文化遺産
    登録:1979年
    登録基準:1,2,6
    http://whc.unesco.org/en/list/83
    ルイ14世(在位1643年~1715年)からルイ16世(在位年~年)時代の壮大な王宮。華麗な建築、彫刻、装飾、庭園などは当時のヨーロッパ諸国の王宮の理想的モデルとなった。


  4. ヴェズレーの教会と丘
    Vézelay, Church and Hill
    文化遺産
    登録:1979年
    登録基準:1,6
    http://whc.unesco.org/en/list/84
    ヴェズレーはフランス中東部ブルゴーニュ地方の重要なキリスト教の巡礼地である。その地の丘に12世紀に建てられた修道院教会はロマネスク様式の傑作建築である。


  5. ヴェゼール渓谷の先史時代遺跡群と装飾洞窟群
    Prehistoric Sites and Decorated Caves of the Vézère Valley
    文化遺産
    登録:1979年
    登録基準:1,3
    http://whc.unesco.org/en/list/85
    ヴェゼール渓谷には147個の旧石器時代以降の遺跡と25個の装飾された洞窟がある。特にラスコー洞窟には100を超える動物の狩猟場面が彩色されて写実的に描かれており、人類学的にも重要である。人間の吐く息によってバクテリアが発生してしまうため閉鎖されており、代わりにレプリカが一般公開されている。


  6. フォンテーヌブロー宮殿と庭園
    Palace and Park of Fontainebleau
    文化遺産
    登録:1981年
    登録基準:1,3
    http://whc.unesco.org/en/list/160
    イル・ド・フランス地方の広大な森は12世紀以降王侯の狩猟場であったが、16世紀に森の中心に宮殿が建てられた。フランソワ1世は新たなローマを作ろうとし、広大な庭園に囲まれた宮殿はイタリアルネサンスとフランスの伝統的芸術が融合している。


  7. アミアン大聖堂
    Amiens Cathedral
    文化遺産
    登録:1981年
    登録基準:1,2
    http://whc.unesco.org/en/list/162
    ピカルディ地方の中心に13世紀に建てられたゴシック様式の大聖堂。建物の全体的な調和と西側ファサードや南翼廊の彫刻が素晴らしい。


  8. オランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門
    Roman Theatre and its Surroundings and the "Triumphal Arch" of Orange
    文化遺産
    登録:1981年
    登録基準:3,4
    http://whc.unesco.org/en/list/163
    プロヴァンス地方のローヌ渓谷にある古代の劇場は最も原型をとどめているローマ劇場の一つである。また、西暦10年~25年に建てられたローマ様式の門は最も美しさを残している凱旋門の一つで、ローマ人の功績を称える彫刻が彫られている。


  9. アルルのローマ様式とロマネスク様式建造物群
    Arles, Roman and Romanesque Monuments
    文化遺産
    登録:1981年
    登録基準:2,4
    http://whc.unesco.org/en/list/164
    アルルはプロヴァンス地方の古代の都市と中世ヨーロッパ文明が混ざり合った街である。円形闘技場、劇場、地下回廊など紀元前1世紀頃に建てられた多くのローマ時代の遺跡、4世紀頃の大浴場や古墳が残されており、また12世紀に建てられたサン・トロフィーム聖堂はロマネスク様式の傑作とされる。


  10. フォントネーのシトー会修道院
    Cistercian Abbey of Fontenay
    文化遺産
    登録:1981年
    登録基準:4
    http://whc.unesco.org/en/list/165
    このシトー会修道院は12世紀初頭ブルゴーニュ地方に建てられた。厳しい戒律のため教会の装飾は排されており、回廊、寮、食堂、パン工房、製鉄工場などを持ち、修道士達は自給自足生活を行っていた。


  11. アルケスナンの王立製塩所
    Royal Saltworks of Arc-et-Senans
    文化遺産
    登録:1982年
    登録基準:1,2,4
    http://whc.unesco.org/en/list/203
    ルイ16世の命により王室の建築家であったルドゥーが設計した製塩所を含む街である。円形に建物を配した先駆的で合理的、理想的な都市を目指して作られたが、フランス革命により未完となった。


  12. ナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場
    Place Stanislas, Place de la Carrière and Place d'Alliance in Nancy
    文化遺産
    登録:1983年
    登録基準:1,4
    http://whc.unesco.org/en/list/229
    18世紀半ば、ロレーヌ公国の王がこれらの広場を作った。ロココ様式の門や噴水で彩られ、旧市街と新市街をつなぐ機能的で近代的な街となった。


  13. サンサヴァン・シュル・ガルタンプの修道院教会
    Abbey Church of Saint-Savin sur Gartempe
    文化遺産
    登録:1983年
    登録基準:1,3
    http://whc.unesco.org/en/list/230
    ポワトゥー地方に811年にカール大帝が建てた教会。11世紀から12世紀のフレスコ天井画がよい状態で多く残されており、ロマネスク様式のシスティーナ礼拝堂と呼ばれている。


  14. ポルト湾:ピアナのカランケ、ジロラッタ湾、スカンドラ保護区
    Gulf of Porto: Calanche of Piana, Gulf of Girolata, Scandola Reserve
    自然遺産
    登録:1983年
    登録基準:7,8,10
    http://whc.unesco.org/en/list/258
    スカンドラ半島は地中海西部のコルシカ島の自然公園の一部であり自然保護区となっている。ポルト湾はその南に位置し、透き通った水には多くの海中生物がおり、カモメやオオワシなど多くの鳥類も見られる。湾の南のカランケは切り立った岩がリアス式海岸のように複雑な入り江となっている。


  15. ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋)
    Pont du Gard (Roman Aqueduct)
    文化遺産
    登録:1985年
    登録基準:1,3,4
    http://whc.unesco.org/en/list/344
    紀元前19年、長さ50kmに達するニームの水路がガール川の上を渡るためにこの水道橋は建てられた。3層のアーチに支えらた高さ50m、長さ275mの石造の橋は高い建築技術と芸術性を誇っている。


  16. ストラスブール - グラン・ディル
    Strasbourg – Grande île
    文化遺産
    登録:1988年
    登録基準:1,2,4
    http://whc.unesco.org/en/list/495
    場所:フランス北東部、ドイツとの国境
    ストラスブールのイル川の中州はグラン・ディルと呼ばれ、その狭い地域に旧市街が作られている。12世紀から260年かけて建てられた142mの高さのゴシック様式の大聖堂や、15世紀から18世紀にかけての発展など様々な時代の建造物が残っている。


  17. パリのセーヌ河岸
    Paris, Banks of the Seine
    文化遺産
    登録:1991年
    登録基準:1,2,4
    http://whc.unesco.org/en/list/600
    場所:パリの中心部
    セーヌ川沿いを歩けばノートルダム寺院、ルーブル美術館、コンコルド広場、エッフェル塔などの素晴らしい歴史的建造物、名所、街の発展と歴史を見ることができる。


  18. ランスのノートルダム大聖堂、サン-レミ旧大修道院、トー宮殿
    Cathedral of Notre-Dame, Former Abbey of Saint-Remi and Palace of Tau, Reims
    文化遺産
    登録:1991年
    登録基準:1,2,6
    http://whc.unesco.org/en/list/601
    場所:フランス北東部シャンパーニュ地方、ランス
    13世紀に約100年かけて建てられたランス大聖堂はゴシック様式建築の最高傑作の1つで歴代フランス国王の戴冠式はここで行われた。サン-レミ旧大修道院は11世紀頃に建てられ、ロマネスク様式の本堂を持つ教会。トー宮殿は大司教が居住していて現在は博物館となっている館。
    参考になるサイト:NODさんの「フランス地方生活記――ランス」http://nod.traduction.free.fr/vie-reims1.html


  19. ブールジュ大聖堂
    Bourges Cathedral
    文化遺産
    登録:1992年
    登録基準:1,4
    http://whc.unesco.org/en/list/635
    場所:フランス中部(パリの南約200km)、ブールジュ
    12世紀から14世紀にかけて建造されたゴシック様式大聖堂。度重なる修復で様々な時代の様式が混合している。ステンドグラスも13世紀から17世紀の様々なものが見られる。


  20. アヴィニョンの歴史地区:教皇庁宮殿、司教建造物群、アヴィニョン橋
    Historic Centre of Avignon: Papal Palace, Episcopal Ensemble and Avignon Bridge
    文化遺産
    登録:1995年
    登録基準:1,2,4
    http://whc.unesco.org/en/list/228
    場所:フランス南部プロヴァンス地方、アヴィニョン
    14世紀に約70年間教皇庁が置かれ(フランス国王によりローマから移された)発展したこの街には当時の宮殿、ノートルダム・デ・ドン大聖堂、サン・ベネゼ橋などが残されている。


  21. ミディ運河
    Canal du Midi
    文化遺産
    登録:1996年
    登録基準:1,2,4,6
    http://whc.unesco.org/en/list/770


  22. カルカッソンヌの歴史的城塞都市
    Historic Fortified City of Carcassonne
    文化遺産
    登録:1997年
    登録基準:2,4
    http://whc.unesco.org/en/list/345


  23. ピレネー地方 - ペルデュ山
    Pyrénées - Mont Perdu
    複合遺産
    登録:1997年 拡張:1999年
    登録基準:3,4,5,7,8
    http://whc.unesco.org/en/list/773


  24. フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路
    Routes of Santiago de Compostela in France
    文化遺産
    登録:1998年
    登録基準:2,4,6
    http://whc.unesco.org/en/list/868


  25. リヨンの歴史地区
    Historic Site of Lyons
    文化遺産
    登録:1998年
    登録基準:2,4
    http://whc.unesco.org/en/list/872


  26. サン・テミリオンの管轄区域
    Jurisdiction of Saint-Emilion
    文化遺産
    登録:1999年
    登録基準:3,4
    http://whc.unesco.org/en/list/932


  27. ベルギーとフランスの鐘楼群
    Belfries of Belgium and France
    文化遺産
    登録:1999年 拡張:2005年
    登録基準:2,4
    http://whc.unesco.org/en/list/943


  28. シュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷
    The Loire Valley between Sully-sur-Loire and Chalonnes
    文化遺産
    登録:1981年 拡張:2000年
    登録基準:1,2,4
    http://whc.unesco.org/en/list/933


  29. 中世市場都市プロヴァン
    Provins, Town of Medieval Fairs
    文化遺産
    登録:2001年
    登録基準:2,4
    http://whc.unesco.org/en/list/873


  30. ル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市
    Le Havre, the City Rebuilt by Auguste Perret
    文化遺産
    登録:2005年
    登録基準:2,4
    http://whc.unesco.org/en/list/1181

【参考】
エンカルタ 百科事典 ダイジェスト - ゴシック美術
http://jp.encarta.msn.com/encnet/refpages/RefArticle.aspx?refid=761562615
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wheritage.blog97.fc2.com/tb.php/130-dafe72ac

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。